【朱雀S】(京都)~ワードイズボンドが2番手追走から抜け出す [News]
2015/05/30(土) 16:18
京都11Rの朱雀ステークス(4歳以上1600万下・芝1400m)は8番人気ワードイズボンド(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒5(良)。半馬身差の2着に3番人気サトノキングリー、さらに1馬身1/4差の3着に11番人気タマラマが入った。

ワードイズボンドは栗東・崎山博樹厩舎の4歳牡馬で、父グラスワンダー、母トロピカルナイト(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ワードイズボンド(藤岡康太騎手)
「陣営からはハナを......ということでしたが、主張してきた馬がいたので、2番手で揉まれないようにレースを運びました。道中は終始手応えよく、直線もよく伸びて、何とかしのいでくれました。状態もよかったようです」

2着 サトノキングリー(福永祐一騎手)
「スタートもよく、中団からイメージ通りのレース。それがよかったのでしょう。しっかりと脚を使ってくれました」

3着 タマラマ(池添謙一騎手)
「スタートしてすぐ、この馬には忙しい感じでした。そこから、直線しぶとくよく粘ってくれました」

4着 フロアクラフト(松山弘平騎手)
「前残りの馬場と考えて、いいポジションでレースを運べましたが、最後は休み明けの分だと思います」

5着 ゴールドベル(小牧太騎手)
「もうひと押しなんですけどね。ただ、暖かくなってきて、馬自身は調子を上げているようです」

15着 フォーチュンスター(C.ルメール騎手)
「ハミもとらず、4コーナーでは反応がありませんでした。これまでのレースを見るかぎり、こんな馬ではないのですが......」