【白百合S】(京都)~アルバートドックが差し切る [News]
2015/05/30(土) 16:08
京都10Rの白百合ステークス(3歳オープン・芝1800m)は1番人気アルバートドック(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。クビ差の2着に3番人気ナムラアン、さらにクビ差の3着に6番人気ミュゼゴーストが入った。

アルバートドックは栗東・松田博資厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー(母の父Unusual Heat)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アルバートドック(藤岡康太騎手)
「道中の流れが遅く、少しりきむところがありましたが、追ってからはしっかり伸びてくれました。使うごとにりきむ面が出てきていますが、そのあたりをクリアできれば秋が楽しみです」

2着 ナムラアン(C.ルメール騎手)
「前半行きたがる面がありましたが、直線は最後までしっかり伸びました。今日は勝った馬が強かったですね」

3着 ミュゼゴースト(柴田善臣騎手)
「まだいい面も悪い面もそれぞれありますが、今日は秋に向けていいレースをしてくれました」

5着 ケツァルテナンゴ(池添謙一騎手)
「今日は最後の直線でうまくさばけませんでした。もったいないレースになってしまいました」