【日本ダービー】栗東レポート~サトノラーゼン [News]
2015/05/27(水) 20:55
 京都新聞杯を勝ってダービー出走へのラストチャンスをものにした形のサトノラーゼンはウッドチップコースに最初のグループで登場。岩田騎手が騎乗して前を行くオーシャンブルーをゆったりと追いかける形で、ある程度スピードに乗ったのは残り800メートル付近から。最後もゆったりとした形で並びかけてのフィニッシュとなった。

 調教後の記者会見での関係者とのやりとりは以下のとおり。

●サトノラーゼン(池江泰寿調教師)

◎ダービーウィークになりました。今のお気持ちをお聞かせください。
 毎年この時期になると緊張するんですけどね。レースが近付くにつれて緊張が高まってきましたね。ドキドキ、ワクワクしますね。

◎京都新聞杯で最後のチャンスをつかんだ形ですが、レースを振り返ってください。
 京都の高速馬場で、先行力がこの馬のセールスポイントなんですが、川田騎手がこの馬の特性を十分に引き出してくれて、最後のダービーの権利を取ってくれて本当に嬉かったですね。

◎札幌でのデビューから10ヶ月。その後、特にここに来ての良くなっている点はどこでしょう?
 札幌から戻ってきまして、リフレッシュ放牧した時に体にも実が入ってきまして。札幌でもそれほど大崩れしなかったのですが、その後は安定味も出てきてますし、結構強いメンバーとも戦ってきてますので、体の成長というのが大きかったと思います。

◎強い相手とも安定して戦ってきているのは強みかと思いますが?
 強い馬と揉まれてきたということはダービーのような大きな舞台ではプラスに働くと思いますね。

◎京都新聞杯から中2週。中間の調整はどんな形でしたか?
 今年の入って5回使ってますし、しかも中2週ということで・・・。通常GIでしたら1週前2週前にも強い調整をするのですが、もう当該週の今日、半マイルだけさっと馬なりでという調整にしたんですけど。もう体はできあがっているので微調整程度でと思っていました。

◎当初の予定どおりでしょうか?
 そうですね。京都新聞杯を勝ってダービーと思っていましたので。青葉賞を選択しなかったのも短い間に東京に2回輸送するより近い京都で走らせたほうがいいと思ったからで。ダービーへの出走権を得たとしても調整は当該週1本だけというのは京都新聞杯前から考えていましたのでね。思惑通りきていますので非常にフレッシュな状態で出せますね。

◎9戦のキャリアを重ねてきていますが、今感じられている一番の強みは何でしょう?
 レースで崩れないこととしぶとい先行力ではないでしょうかね。

◎勝ったレースでは狭いところに入っても怯まないところがありましたね?
 それも大きなセールスポイントのひとつだと思います。

◎今回は皐月賞を走ってきた強い相手との対戦となりますが?
 さらに強い相手との対戦にはなりますが、どれぐらい皐月賞組に通用するのかはやってみないとわからないので、今は楽しみのほうが大きいですね。

◎どんなレースを思い描いてますか?
 願わくば内目の枠を引いて前々での競馬が理想でしょうね。

◎先行策が基本ということですか?
 そうですね。結構前が残る馬場ですから、そう考えています。

◎ファンの皆さんに向けてひとことお願いします。
 ファンの皆さん同様にわれわれ関係者もワクワクドキドキしながらこの1週間を迎えていますが、ぜひ競馬場に沢山の皆さんに足を運んでいただいて生で今年のダービーを応援して頂ければと思っています。


●サトノラーゼン(岩田康誠騎手)

◎いよいよダービーですね。
 はい、とても楽しみにしています。

◎ダービージョッキーの岩田騎手でもダービーには特別な思いがあると思いますが?
 毎年、チャンスを与えていただいてとても感謝しております。

◎今回はいわゆるテン乗りでのダービーとなりますが、今までサトノラーゼンに抱いていたイメージはどんなものでしたか?
 レースセンスも良く、本当に走る馬だと思います。

◎調教で騎乗してイメージの変わった点はありますか?
 今日はじめて調教に騎乗したのですが、素直で乗り易い馬でしたし反応がいい馬だと思いました。

◎今朝の調教はどんな指示があったのでしょう?
 ノビノビ走らせるようにということと直線残り1ハロン過ぎから並んで行って気合を付ける程度でということでした。

◎思い通りですか?
 とても反応も良かったですし、良かったと思います。

◎レースに向かっての一番強調できる点は何でしょう?
 自在性があると思いますので、それを活かしてレースをしたいと思います。

◎どんなレースがイメージできてますか?
 この馬のリズムを大切にしてレースをしたいと思います。枠順次第では先行できると思いますし、中団からでも競馬はできると思いますし、乗りやすそうだと思います。

◎最後に抱負をお聞かせください。
 テン乗りになりますが、チャンスを生かして頑張ります。応援をお願いします。



(取材:佐藤泉)