【さきたま杯】(浦和)~ノーザンリバーが連覇を達成 [News]
2015/05/27(水) 18:12
 浦和競馬場(天候:晴 馬場:良)でダートグレード競走の第19回さきたま杯(第11競走・4歳以上オープン・JpnII・ダート1400m・1着賞金3100万円)が11頭によって行われた。
 スタートして2番人気となった浦和のリアライズリンクスや7番人気の水沢のラブバレットら3頭が先手を争い、向う正面では1番人気のJRAのノーザンリバーは4番手。3番人気のJRAのドリームバレンチノが5番手で、その後ろに4番人気となったJRAのトロワボヌールがつけた。3コーナー過ぎに外を回ってノーザンリバーが差を詰めて最後の直線では抜け出して勝ち、このレースの連覇を達成した。勝ちタイムは1分26秒7。勝利騎手はJRAの蛯名正義。
 リアライズリンクスとラブバレットが2番手争いをしていたところにトロワボヌールが外から追い込んで4馬身差の2着となり、クビ差でリアライズリンクスが3着。半馬身差でラブバレットが4着。ドリームバレンチノは最後は内から差を詰めたが4分の3馬身差の5着に終わった。
 ノーザンリバーは、父アグネスタキオン、母ソニンク(母の父Machavellian)という血統の牡7歳鹿毛馬。JRA栗東・浅見秀一厩舎の管理馬。通算成績は27戦10勝(中央競馬では19戦6勝)となり、重賞は6勝目となった。レース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着 ノーザンリバー 
蛯名正義騎手
「連覇が出来て良かったです。スタートを普通に出て、内の馬が行くだろうと思っていたので、その後の位置に付けました。理想どおりの位置だったと思います。このところズブくなっていましたが、今日は行きっぷりが良くて楽にレースを運ぶことが出来ました。早めに出て行きましたが、もう少し仕掛けを待っても良かったかなとも思いました。また秋のGIに向かって頑張りますので、これからも応援してください。」
浅見秀一調教師
「この後は放牧に出して、秋のレースについてはオーナーと相談して決めます。」

2着 トロワボヌール 戸崎圭太騎手
「浦和の1400メートルは忙しいですね。距離がもう少しあるといいでしょう。」

3着 リアライズリンクス 左海誠二騎手
「前半他の馬に来られて厳しくなりました。このクラスになると楽には行かせてもらえませんね。」

(取材:山本直)