【日本ダービー】美浦レポート~ミュゼスルタン [News]
2015/05/27(水) 15:41
 31日(日)に東京競馬場で行われる東京優駿・第82回日本ダービー(GI)に登録をしているミュゼスルタン(牡3、美浦・大江原哲厩舎)について、追い切り後の大江原哲調教師のコメントは以下の通り。

(柴田善臣騎手が跨った、ウッドチップコースでの最終追い切りについて)
「もう十分気合いが乗っていました。あと2400mに対する走りを、柴田善臣騎手が上手に教えている感じでした。直線では、迫力満点の、納得のいく調教でした。特に指示はしていないのですが、柴田善臣騎手は"今回は瞬発力はいらないよ"と。瞬発力を持っているのは分かっているので、あとはどれだけゆっくり走れるか、そして最後はどれだけ伸びるか、そういう調教でした。ジョッキーが満足のいく内容にしてくれました」

(前走のNHKマイルC3着を振り返って)
「惜しかったですが、まあ仕方がありません。結果のことは言っても仕方がないので、良い方に捉えて、次につながる競馬をしてくれたのではないでしょうか。それでも、毎回終いはビシッと来てくれるので、ダービーでも本当にワクワクします」

(前走後は中2週、調整過程は?)
「スプリングSの後は、半年ぶりということで、少しガクッと来ていました。しかし、NHKマイルCまでは時間がたっぷりあったので、ゆっくり調整ができて、レースに行けました。前回(の調整過程)は半年のブランク、それが一番効いているかなと思います。今回は中2週で、疲れはほぼないというか、大丈夫です。(GIを使って中2週でまたGIというローテーションは)きついですよね」

(ダービーに向けて)
「1800mまでしか走っていませんが、大丈夫でしょう。(ポイントは)位置取りかなと思いますが、距離がもつかもたないかは、馬の持っているものがどういうふうに行くかだけです。しかし、(位置取りは)内緒です。(折り合いは)絶対大丈夫だと思います。また絶対って言っちゃいましたね(笑)。ダービーを夢見て、この世界に入って47年。また、夢を見ます。皆さん、応援のほどよろしくお願いします」

(取材:米田元気)