【鳳雛S】(京都)~ライドオンウインドが早め先頭で押し切る [News]
2015/05/24(日) 16:21
京都10Rの鳳雛ステークス(3歳オープン、ダート1800m)は6番人気ライドオンウインド(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3(良)。3/4馬身差2着に5番人気ラインルーフ、さらにクビ差で3着に1番人気リアファルが入った。

ライドオンウインドは栗東・木原一良厩舎の3歳牡馬で、父アグネスデジタル、母サンシャインバレイ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ライドオンウインド(古川騎手)
「あれだけ伸びていますし、感触もいいですね。相手はリアファルだと思っていましたし、1コーナーまでリアファルに楽をさせないように入りたかったのですが、うまく行きました」

(木原一良調教師)
「やはりダートは走りますね。この先も楽しみです。次は様子を見て決めようと思います」

3着 リアファル(北村友騎手)
「使いつつレース前のイレ込みがきつくなってきた感じです。もう少しどっしり構えて、落ち着きが出て欲しいですね」

4着 モズライジン(中谷騎手)
「本当なら捲くり切りたかったのですが、ある程度流れていましたからね。4コーナーで少し離れましたが、直線で手前を替えたらもう1回伸びてくれました。距離はもっとあってもいいくらいでしょう」