【御室特別】(京都)~タガノバラードが追い比べ制す [News]
2015/05/24(日) 16:20
京都9Rの御室特別(4歳以上1000万下、牝馬、芝2000m)は2番人気タガノバラード(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。1/2馬身差2着に1番人気センセーション、さらに4馬身差で3着に3番人気フラッシュバイオが入った。

タガノバラードは栗東・松田博資厩舎の4歳牝馬で、父ブライアンズタイム、母タガノチャーリーズ(母の父Saint Ballado)。通算成績は10戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノバラード(松山騎手)
「今日は前へ行く馬もいたので2番手に控えて行きました。少頭数の競馬でレースはしやすかったです」

2着 センセーション(四位騎手)
「1、2コーナーでもう少しすんなりと後続を引き離して行きたかったです。もう少しだっただけに残念です」

3着 フラッシュバイオ(藤岡佑騎手)
「うまく流れてくれました。道中はいたずらに動いても脚をなくしてしまうので、我慢して行きました」

4着 ニシノモンクス(高倉騎手)
「早めに他の馬に来られて脚を使ってしまいました。距離はこれくらいあった方がレースはしやすいと思います」