【立川特別】(東京)~プロトコルがゴール寸前捉える [News]
2015/05/24(日) 15:04
東京8Rの立川特別(4歳以上1000万下、ダート1400m)は9番人気プロトコル(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒5(良)。クビ差2着に7番人気バコパ、さらに1/2馬身差で3着に1番人気ラテンロックが入った。

プロトコルは美浦・牧光二厩舎の4歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母ヴィーナスコロニー(母の父Nureyev)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 















プロトコル(蛯名騎手)
「状態が良かったですし、スムースな競馬が出来て、それが良かったです。一旦、離されてしまいましたが、追い出したら反応してくれて、最後は届くなという感じでした。1000万下でも差のない競馬をしていましたから、うまくいけばと思っていました」

2着 バコパ(福永騎手)
「内枠でしたし、砂を被りたくないと思っていたのですが、思っていたより楽に行けました。何とか凌いだと思ったところを外から交わされてしまいました。外枠だったらもっと楽やれたと思いますし、それを考えると力がありますね」

5着 スウィープアウェイ(岩田騎手)
「(前走の1300mより)100m長いなりのレースをしましたが、この馬なりに頑張ってくれました」

6着 ゴールドスーク(武豊騎手)
「流れに乗ってレースは出来ましたが、最後は息切れしてしまいました」