ローズキングダム引退、種牡馬に [News]
2013/06/05(水) 11:49
2010年のジャパンカップ(GI)などに優勝したローズキングダム(牡6 栗東・橋口弘次郎)は、きょう2013年6月5日付けで競走馬登録を抹消した。

ローズキングダムは種牡馬となる予定だが、繋養先は未定。

JRA通算成績 25戦6勝(うち重賞5勝)
<重賞勝鞍> 
2009年東京スポーツ杯2歳ステークス(JpnIII)
2009年朝日杯フューチュリティステークス(JpnI)
2010年神戸新聞杯(GII)
2010年ジャパンカップ(GI)
2011年京都大賞典(GII)

(JRA発表による)

ローズキングダムは父キングカメハメハ、母ローズバド。09年のJRA賞最優秀2歳牡馬に輝き、10年の3歳クラシック路線では皐月賞4着、日本ダービー2着、菊花賞2着。同年のジャパンカップでは2位入線も、ブエナビスタの降着により繰り上がり優勝した。今年5月5日の新潟大賞典(11着)が現役最後のレースとなった。