【メルボルンT】(京都)~シンガリ人気グランアルマダが制す [News]
2015/05/23(土) 15:27
京都9Rのメルボルントロフィー(3歳500万下・芝2200m)は11番人気グランアルマダ(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒1(良)。半馬身差の2着に4番人気サラトガスピリット、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気チャパラが入った。

グランアルマダは栗東・西園正都厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母レディスキッパー(母の父クロフネ)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 グランアルマダ(酒井学騎手)
「スタートがあまりよくなければ、まくっていくことも考えましたが、ゲートを出てくれたので馬群の外から早め早めのレースを心がけました。坂で勢いをつけて、最後はしぶとくしのぎきってくれました」

2着 サラトガスピリット(和田竜二騎手)
「抜け出しそうな手応えでしたが、追い出してモタれるようなところがあり、そのぶん敗れた感じです。使いつつ、馬もよくなっています」

3着 チャパラ(藤岡佑介騎手)
「最初はレゲンデをマークしていましたが、手応えが怪しそうだったので途中から切り替えて、これはと思いましたが、直線馬群を割ってこられませんでした。でも、昇級緒戦としてはいい内容です。馬もよくなって、能力は示してくれました」

5着 ロングスピーク(大野拓弥騎手)
「まだ集中力が足りない感じです」

6着 レゲンデ(戸崎圭太騎手)
「久々の分、りきんで走っていたようです」