【オークス】栗東レポート~ミッキークイーン [News]
2015/05/20(水) 17:13
 24日(日)、東京競馬場で行われる第76回オークス(GI)に出走予定のミッキークイーン(牝3、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ミッキークイーンについて池江泰寿調教師
「忘れな草賞を勝った後、一度ノーザンファームしがらきへ出してリフレッシュさせて、先々週の火曜に厩舎へ帰って来ました。ふっくら、とまでは行きませんが前走よりは(馬体重)プラスで調整出来ていますね。

 先週の段階で実質的な追い切りはしたので、今朝はCウッドコースで息を整える程度でしたが良い仕上がりですね。現状では満点に近いと思います。

 左回りはクイーンカップの時に上手に走ってくれましたし、左右の回りで得意不得意もなさそうです。2400mに関しては未知な部分もありますが、他の馬にとっても未知の領域でしょうし、やってみなければ分からない...という印象です。

 馬体重は、クイーンカップの時くらいで出せればいいかな、と思っています。あとはスタートがそれほど上手いタイプではないので、1コーナーまでの位置取りがカギになるでしょう。ある程度の位置で流れに乗れればと思います。桜花賞は抽選で除外になってしまいましたし、桜花賞に出られなかった分も頑張りたいですね」


●ミッキークイーンについて浜中俊騎手
「1週前の追い切りに乗りましたが、状態も良くいい感じで来ているなと感じました。動きも言うことなしでしたね。厩舎サイドからも飼い葉をしっかり食べていると聞いていましたし、馬体が細いという感覚もありませんでした。

 クイーンカップで左回りも上手に走っていましたし、東京でも問題はないでしょう。オークス向き、と思っていましたし距離が延びることも問題ないと思います。初めて乗った時から素質を見込んでいましたし、馬体重と相談しながらの面が新馬からあっても、折り合いや瞬発力は素晴らしいものを持っていました。上手にキャリアを積んでくることが出来ましたし、桜花賞に出られなかった分も勝てるように頑張りたいです」

(共同会見より~取材:大関隼)