【オークス】美浦レポート~ココロノアイ [News]
2015/05/20(水) 17:00
 24日(日)東京競馬場で行われる第76回オークス(GI)に出走予定のココロノアイについて、追い切り後の尾関知人調教師のコメントは以下の通り。

「追い切りの手応えはすごく良かったです。馬も元気一杯ですし、フォームも乱れずに坂路を上がってきて、いい追い切りでした。
 先週はある程度距離の長い追い切りができたので、今週はウッドチップを短めに乗るのか、坂路にするのかを考えていましたが、昨日、僕にとっては幸いにも雨が降って、坂路が重くなって、いい負荷を掛けられるので、坂路を選びました。
 (今日の追い切りは)話をしていたよりも前半の入りが速くなってしまったので、前半抑えて終いを伸ばす予定でしたが、最後はその分、馬なりにしたようです。
 先週は横山典弘騎手が乗って、感じが良くて、その後も馬が元気なので、うまく体調を整えていければと、お互いにイメージしていました。人も含めて落ち着いて競馬にいければいいかな、と。
 桜花賞の後は疲れが出て、そこから(調整の)立ち上げ時は、元気のなかった分なのか折り合いがついて、その流れで折り合いがつくようになって、調子が上がってきています。折り合いに関しては前走の感じが一番良かったような気もしますから、結果は残念でしたが、それを糧にオークスにつなげられればと思っています。手応えよりも残念な気持ちのほうが大きかったですけど、そういった意味で残念な中にも光明があったかなと思います。
 左回りは東京と新潟で結果も出てますし、アルテミスステークスのレース振りから見てもポテンシャルとしてのスタミナは、すごいものを持ってるなと思いますので、それを活かすような悔いのないレースができればと思っています。多少掛かっても気にしなくていいと思っています。極論ですが、逃げ切ったっていいくらいのつもりで思っています。あとはもう出たところから、百戦錬磨で絶好調のジョッキーに任せていきたいと思っています。春の集大成を無事に迎えることができましたので、最後まで気を抜くことなく、無事にターフへ送り出したいと思っています。応援よろしくお願いします。
 馬体重はハードに追い切った先週の時点で444kg、前走(452kg)より少し減るくらいだと思います。僕らが意識してきたというよりは、馬のほうが長距離仕様になってきたのかな、と思います。増やしたいと思いますけど、体重は気にしないで、うまく調整していきたいな、と思います」

(取材:山本直)