【オークス】美浦レポート~キャットコイン [News]
2015/05/20(水) 16:59
 24日(日)東京競馬場で行われる第76回オークス(GI)に出走予定のキャットコインについて、追い切り後の柴田善臣騎手、二ノ宮敬宇調教師のコメントは以下の通り。

・柴田善臣騎手
「桜花賞の追い切りは栗東にいって乗りましたけど、何が悪いということではないのですが、トモに不安を感じるような走りでした。今回はスムーズに気持ち良く走っていました。いつも角馬場、スタンド前を歩いている時は、いつもどおりのリズムで歩く馬で、イレ込んでいるように見えるかもしれませんが、今日も平常心ではあったと思います。
 全体的にタイムは思ったようなもので、脚さばきも気持ち良く伸びていきました。馬自身も気持ち良く走っていました。
 東京だけでなく、どこのコースでも、馬の状態次第で、力を出せる馬だと思います。
 前走はしょうがないです。渋滞がどこで起きるかは分からないですから。それでも脚を見せてくれて、数字を満たしているのは、あらためて馬の力を認識したようなレースではありました。
 レースは生き物ですから、ペースがどうなるか分からないですけど、それなりの状態で、桜花賞よりはいい状態では臨めると思います。ペースは流れてくれ、と思います。この前のような乱ペースになってほしくないです。
 力は毎回出してるけど、結果を求められるところなので、100%出せるような流れになってくれればいいと思っています。僕は2400m持つと思っています。折り合いは心配ない馬なんですけど、長い距離のペースのほうがいいかな、という感じがします。
 前走の後、体重が戻って、動きも良い状態で臨めると思うので、馬と一緒にいい成績を目指してがんばりたいと思います。応援よろしくお願いします」

・二ノ宮敬宇調教師
「先週は少し速いところをやって時計も出たので、今週は騎手を乗せて馬なりのまま調整したいなと思い、リラックスして走らせるよう柴田善臣騎手に頼みました。騎手は『前回よりはリラックスして、手前をうまく変えられたのではないですか』と話していました。うまく手前も変わったし、一番いいのは全身をうまく使って走っている姿がいいかな、と思いました。ポリトラックは走りやすいので、馬に負担がかからないように、そんなに速い時計はいらないんじゃないかなと思いまして、今日はポリトラックにしました。
 先週はウッドで意外と予定より速かったので、今週はさっと流す程度で、速いところをやると食が細くなるので、そこも含めながら調整をしました。牝馬で気を損ねないように、普段の扱いから手加減をしながら仕上げています。
 (体重は)前走よりは多少は増えてるかな、と思います。出張先より少しは食べるようになっていて、若干プラス体重かなと思っています。調教はやればやるだけ時計が出てしまうのでセーブして、体を造るだけで、心肺機能は優れているので、無理をしないように調整をしたつもりです。
 前走はああいう展開だったので、後ろにいた馬はみんな届かなかったわけで、今度は得意な東京だし、直線も長いので、騎手も乗りやすい馬だと言っていますし、長い距離でも大丈夫かなと思っています。
 (切れ味を活かすレースになるか?という質問に対して)今までもそういうレースですし、そういうほうが活きるのでしょう。そういった乗り方をするのかな、と思いますね。
 (枠順は)与えられたところでやるだけです。馬はリラックスして走れる状態にあると思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)