【栗東S】(京都)~エイシンゴージャスが早め先頭から押し切る [News]
2015/05/17(日) 16:35
京都11Rの栗東ステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は3番人気エイシンゴージャス(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒6(稍重)。1馬身1/4差の2着に6番人気オールブラックス、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気ジョヴァンニが入った。

エイシンゴージャスは栗東・大久保龍厩舎の4歳牝馬で、父Exchange Rate、母Hot Storm(母の父Stormy Atlantic)。通算成績は8戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 エイシンゴージャス(幸英明騎手)
「もともと走る馬とは思っていました。調教にも乗って、その時計もよかったですからね。能力は本当に高い馬です。思い通りのレースができましたし、トモにまだ緩いところがある分、のびしろがありそうです。これからも楽しみです」

2着 オールブラックス(松山弘平騎手)
「いいポジションから、流れに乗ってレースができましたが、今日は相手が悪かったです」

3着 ジョヴァンニ(藤岡佑介騎手)
「間隔をあけてリフレッシュして、いい状態でした。最近のなかでは斤量が軽い分、スピードの乗りもよかったです。いいペースのレースでしたが、ラストの伸びを少し欠いたのは久々の分だと思います」

4着 ニシケンモノノフ(中谷雄太騎手)
「今日は先々のことも考えて、差し脚を生かすレースをしました。本当なら、勝ち馬の後ろの方がよかったのかもしれませんが、力は示してくれました。先々はこの乗り方で勝負しないといけませんからね」

5着 メイショウオセアン(小牧太騎手)
「無理に追いかけずにレースをして、最後はこれならいけるかというぐらいの手応えでした。もっと力をつけてくる馬だと思います」

9着 ピンポン(池添謙一騎手)
「まだよくなってくる途中という感じですね。それに今日はこの馬にはつらい、前残りの流れでした」