【はやぶさ賞】(新潟)~ラブローレルがゴール前で抜け出す [News]
2015/05/17(日) 16:09
新潟10Rのはやぶさ賞(3歳500万下・芝1000m)は11番人気ラブローレル(中井裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは56秒8(良)。1馬身1/4差の2着に10番人気シングンパワー、さらに半馬身差の3着に1番人気リターンストロークが入った。

ラブローレルは栗東・森田直行厩舎の3歳牝馬で、父ブライアンズタイム、母ローレルポラリス(母の父サクラユタカオー)。通算成績は10戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ラブローレル(中井裕二騎手)
「前で競馬をするように言われていました。スタートも決まりましたし、道中で息を入れることもできました。それが最後のひと伸びにつながったと思います。馬の状態もよかったです」

2着 シングンパワー(長岡禎仁騎手)
「前半は出していかなかったので後ろの位置になりましたが、外枠だったので外目のいいところを選んで走らせました。いい感じで走っていて、最後もうまく前が開いてくれました」

6着 アズマクィーン(高倉稜騎手)
「コースの外目にとりつくまでに馬場の悪いところを走らされてしまいました。1000mはこの馬には忙しいのかもしれませんが、一生懸命走ってくれました」