【パールS】(京都)~ウインプリメーラが2番手から抜け出す [News]
2015/05/17(日) 15:34
京都9Rのパールステークス(4歳以上1600万下・牝馬・芝1800m)は1番人気ウインプリメーラ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4(良)。1馬身3/4差の2着に7番人気イリュミナンス、さらに半馬身差の3着に3番人気レッドオリヴィアが入った。

ウインプリメーラは栗東・大久保龍厩舎の5歳牝馬で、父ステイゴールド、母エリモプリティー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は22戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインプリメーラ(松山弘平騎手)
「逃げ馬の後ろにつけるイメージでした。6番枠でしたが、スムーズに内に入れて、リズムよく運べました。スローペースだったので早めに動いて、最後も手応えよく伸びてくれました。強いレースだったと思います」

2着 イリュミナンス(菱田裕二騎手)
「思っていた通りのレースができましたが、ラスト1ハロンの勝ち馬の脚はすごかったですね」

3着 レッドオリヴィア(国分優作騎手)
「スタートは出ていますが、相手が速かったので思ったよりも後ろのポジションになりました。でも、今日は55キロでもしっかり走ってくれました」

4着 シャトーブランシュ(北村友一騎手)
「スタートしてから、スッといいポジションをとれました。でも、終いは甘くなってしまいました」

5着 セウアズール(四位洋文騎手)
「終いはいい脚を使っていますが、ある程度流れる1600mの方が合っていると思います。とにかく一生懸命に走る馬です」