【都大路S】(京都)~エイシンヒカリが逃走V [News]
2015/05/16(土) 16:24
京都11Rの都大路ステークス(4歳以上オープン・芝1800m)は1番人気エイシンヒカリ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒7(稍重)。1馬身1/4差の2着に2番人気グランデッツァ、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気コスモソーンパークが入った。

エイシンヒカリは栗東・坂口正則厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母キャタリナ(母の父Storm Cat)。通算成績は7戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 エイシンヒカリ(武豊騎手)
「強かったですね。イレ込みが思った以上でしたが、道中はこの馬のペースで行けました。自分のスタイルは確立されていますから、今後が楽しみです」

2着 グランデッツァ(川田将雅騎手)
「離されすぎないようについて行ったつもりでしたが......。前の馬は強かったですね」

3着 コスモソーンパーク(和田竜二騎手)
「馬がよくなっています。体の使い方がよくなって、追ってからもしっかりしていました。最後も前の2頭に詰め寄っていますし、力をつけています」

4着 マジェスティハーツ(森一馬騎手)
「ゲートも出ましたし、思い通りの位置で競馬ができました。直線も手前を替えるところまではよかったのですが、そこからモタれるクセを出してしまった分だと思います。ただ、状態は重賞で好走していた頃のいい状態に近づいていると感じました」

7着 サングレアル(岩田康誠騎手)
「ひと脚使うような競馬をしましたが、今日の展開では厳しかったですね。距離はこのぐらいがいいでしょう」