【ヴィクトリアマイル】美浦レポート~バウンスシャッセ [News]
2015/05/13(水) 17:55
 17日(日)東京競馬場で行われる第10回ヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のバウンスシャッセについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●藤沢和雄調教師
「今朝は、ゴール前だけ併せるように指示しました。体調も良さそうですし、良い動きだったと思います。

 中山牝馬ステークスは、中山であの位置からは中々届きませんが、体調も良さそうでしたし、手応えが良かったのか、田辺騎手が余裕で、追い出しを遅らせ、強い競馬だったと思います。

 大きな馬で、去年も体調が悪いとは思いませんでしたが、結果が良くありませんでした。そして行きたがったりするところもあったのですが、前走時はそういうこともなく、良い調教ができ、穏やかでした。今回もそんな感じです。

 マイルはあまり使っていませんし、短いと思います。ですが東京の1600mは直線が長いし、今の感じなら、全然ダメということは無いと思います。スピードだけでは押し切れず、他場の1600mよりスタミナを必要とする舞台。この馬はスタミナ十分ですから、期待しています。

 レースに関しては、スタートが良かったり悪かったりですから、その都度騎手が判断してくれると思います。枠順は、どちらかと言えば、外ではない方がと思います。今の馬場はそれほど速くないですし、不良馬場にならなければ大丈夫です。

 去年の今頃、オークスでも頑張ってくれましたが、もう少しでした。この時期は良さそうなので、それを思い出して、頑張ってもらいたいです」


●北村宏司騎手
「今朝は前に2頭を置いて縦列で追走し、最後は外から併せて感触を確かめるという指示でした。落ち着いていたのが一番良かったですし、その分、折り合いも良く、力が入っていないのでスムーズに走れましたし、機嫌が良かったと思います。体の感じも、精神状態も良いので、良い状態で競馬に臨めると思います。

 中山牝馬ステークスは、競馬には乗れませんでしたが、前の週末の追い切りに乗り、力まず、終いの反応が良かったので、競馬でもこの感じを出せればと思って見ていました。その感じ、リズムで走れていましたし、田辺騎手もスムーズだったと言っていました。あの時と同じくらいの感じで出走できます。

 特段、何か注文のつく馬ではないので、スムーズに運べたらと思います。枠順を見て、色々考えたいと思います。

 初めて1600mを使った時は、多少戸惑っていましたが、あれから色々経験してきていますし、今は東京コースなら、合うのではないかと思います。

 このところ、馬のリズムも良く、調教も競馬もきていますから、力を出し切れるようにレースをしたいと思います」

(取材:中野雷太)