【ブリリアントS】(東京)~ドコフクカゼが叩き合いを制す [News]
2015/05/10(日) 17:06
東京10Rのブリリアントステークス(4歳以上オープン・ダート2100m)は1番人気ドコフクカゼ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒4(良)。クビ差の2着に6番人気ソリタリーキング、さらに2馬身差の3着に13番人気アンコイルドが入った。

ドコフクカゼは栗東・友道康夫厩舎の5歳牡馬で、父ワイルドラッシュ、母デピュティプリミエ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は22戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ドコフクカゼ(岩田康誠騎手)
「流れに乗って強いレースをしてくれました。最後は2着馬に来られてもがんばってくれました」

2着 ソリタリーキング(戸崎圭太騎手)
「交わせるかと思ったのですが、勝ち馬に並びかけてから脚色が一緒になってしまいました。斤量の2.5キロ差が最後に響いた感じです」

3着 アンコイルド(田辺裕信騎手)
「最後までもつかどうか......というところでしたが、早めに動いていきました。よくがんばってくれました。初めてのブリンカーが効いていたかどうかはわかりません」

4着 カゼノコ(浜中俊騎手)
「小さな馬で斤量58キロは重かったです。直線はモタついていました」

5着 キクノソル(三浦皇成騎手)
「内を通っていて、直線は馬の間を割ってくれましたが、残り1ハロンで脚色が一緒になりました」