【鞍馬S】(京都)~スギノエンデバーが貫禄V [News]
2015/05/10(日) 16:22
京都11Rの鞍馬ステークス(4歳以上オープン・芝1200m)は10番人気スギノエンデバー(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒4(良)。3/4馬身差の2着に5番人気ルチャドルアスール、さらにハナ差の3着に6番人気ワキノブレイブが入った。

スギノエンデバーは栗東・浅見秀一厩舎の7歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母シャイニングピアス(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は50戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 スギノエンデバー(松山弘平騎手)
「展開も向きましたし、いい脚を使ってくれました。馬群の中から伸びる勝負根性を見せてくれました」

2着 ルチャドルアスール(平野優騎手)
「内枠でしたし、逃げようと思っていました。自分の競馬ができましたし、よく踏ん張ってくれました」

3着 ワキノブレイブ(加藤祥太騎手)
「馬なりでいい位置につけられました。今日は勝った馬に展開がハマった形でしたが、この馬も力を発揮してくれましたし、今後が楽しみです」

4着 ニンジャ(藤岡康太騎手)
「(ゲートを出た)1歩目で挟まれてしまって、後ろからになったのが響きました。最後も脚を使っていますが、手応えの割には追ってからの伸びがジリジリでした」