【NHKマイルC】栗東レポート~アルマワイオリ [News]
2015/05/06(水) 20:07
 昨年暮れの朝日杯2着のあと、アーリントンカップも2着、ニュージーランドトロフィーでは3着と惜しい競馬が続くアルマワイオリ。今朝の調教には主戦の勝浦騎手が美浦からかけつけウッドチップコースでの調整。パートナーを前に見ながら内側から追い上げ並びかける形で軽快に走り抜けた。

 調教後の記者会見での関係者とのやりとりは以下のとおり。

●アルマワイオリ(西浦勝一調教師)

◎ニュージーランドトロフィーでは少し渋った馬場でもしっかり追い込んで来ましたね。
 レースはうまく行っていたのですが最初のコーナーから向こう正面にかけてペースが落ちた時に少しひっかかってしまいましたね。それが最後の伸びを少し欠いた原因かなと思っています。

◎折り合えばもっといい脚を使ったイメージでしょうか?
 この馬自体の伸びはもっとあると思います。折り合いひとつですね。

◎暮の朝日杯からアーリントンカップ、ニュージーランドトロフィーと脚を溜めて最後に伸びる競馬のパターンは出来ている感じですが。

◎うまく折り合いをつけて最後の直線勝負でどれだけの脚が使えるかということなんですが、いかんせん道中で少し行きたがる面がありますので、その面が、しっかり折り合ってくれれば本当のこの馬の能力は出せると思います。

◎前回のレース後はどう過ごしたのでしょう?
 うまく疲れも取れまして、今朝の併せ馬の調教も強めにいい感じでできましたので、いい状態でレースに挑めるのではないかと思っています。

◎勝浦騎手もかなりの好感触を語っていたみたいですね。
 そうですか。見ていたらいつもよりも折り合いがついて走れていましたのでね。最後まで余裕を持って走れたのではないかと思っています。

◎東京コースは初めてですがこの馬には一番合っているコースではないかと思いますが?
 合っているかどうかはわかりませんが、今回も折り合いひとつですね。自分の競馬さえできればいい結果が出てくるのではないかと思っています。

◎毎回、どんな相手にも差のない競馬を続けていますね。
 差のないところで、うまくクリアしていってくれればと思っているのですが。2着3着じゃだめなんですよね。今度こそと思っています。

◎今回のレースへ向けての期待のほどをお願いします。
 今、本当にグレードレースを取れるような馬だと思っていますので、何とかその期待に応えてくれるように、皆さんの応援もいただければと思っています。


(取材:佐藤泉)