【NHKマイルC】栗東レポート~ヤマカツエース [News]
2015/05/06(水) 20:04
 大型連休も終盤。カレンダー上で並んだ赤い数字は今日で一旦途切れることになるが、栗東トレーニングセンターでは通常どおりのスケジュールで調整が行われた。

 前哨戦のニュージーランドトロフィーを勝ったヤマカツエースは朝一番の組でウッドチップコースに入りコースの一番外側をゆったりとしたフォームで駆け抜けた。

 調教後の記者会見での関係者とのやりとりは以下の通り。

●ヤマカツエース(池添兼雄調教師)

◎ニュージーランドトロフィーはうまく折り合って脚を使いましたね?
 1600メートルの距離がどうかと思っていたのですが、上手いこと流れに乗って直線で外に出すと伸びてくれました。距離も大丈夫かなと思いました。

◎少し時計のかかる馬場もあまり苦にしませんでしたか?
 中山の馬場もあまり気にせず、ただ折り合いだけはどうかなと思いながら見ていたのですが。

◎いろんな課題をクリアできたレースでしたね。
 そうですね。距離も坂のあるコースも折り合い面もクリアしてくれたと思います。

◎今回も中3週の競馬ですが、中間はどう過ごしたのでしょう?
 レースの後1週間様子を見て。レースを勝ってくれましたので、このNHKマイルカップを目標に進めてきました。

◎先週は元気一杯にウッドチップコースで速い時計で調整されましたね?
 全体的にはそれほど速くはないですが、終い重点にジョッキーが乗ってしっかりやってくれました。1週前としてはちょうど良かったと思いました。

◎今週もウッドチップコースでの調整でしたが、どのあたりに重点を置いた調整でしたか?
 担当者が馬の状態を見て仕上げてくれますので、最後までしっかりとやっていましたから、いくらか体に余裕があったのかなとおもいましたけれど。いい直線の動きをしていましたので十分じゃないかなと思います。

◎ゆったりとした形で走ってきて、直線は少し仕掛けましたね。
 跳びの大きな馬なのでゆったりというか、時計的には少し速い感じでしたが最後までしっかりやれたのでいい感じかと思いますけどね。

◎感触としては万全の形で送り出せるということですか?
 中3週でこれだけやれるということは状態がいいからだと思います。

◎今年だけで5戦、しかも激戦を続けてきてかなり経験を積んできていると思いますが?
 キャリアとしては十分積んでいますが、その疲れがなければいいのですが。

◎デビューが昨年6月。デビュー当時から期待が大きかった馬でしょうか?
 母馬の初仔なのですが、キングカメカメハの子供ということで期待はしていました。

◎今回は東京の広いコースの1600メートル戦ですが?
 中京で左回りも経験していますので心配はしていないのですが、折り合いがついてこの馬の競馬をしてくれたのなら自然と結果が着いてくると思います。

◎厩舎は先週に開業300勝。開業した年のヤマカツスズラン以来のGIのタイトルがかかりますね?
 なかなかGIは取れないですから、せっかくのチャンスを生かしたいなと思っています。

◎期待のほどをもう一言お願いします。
 順調にここまで来ていますからね。後はこの馬の競馬をしてくれていい結果が出てくれればいいと思います。


●ヤマカツエース(池添謙一騎手)

◎ニュージーランドトロフィーは期待通りの走りでしたか?
 期待以上かなという感じもしましたが、凄く上手に走ってくれましたし、仕掛けのタイミングも、これ以上我慢して差されたら仕方無いというタイミングで仕掛けることができて、よく凌いでくれたと思います。

◎ほぼ必ず34秒台の脚を使う馬ですね。
 1600メートルの距離がどうかと思っていたのですが、前回のレースでしっかり1600にも対応してくれましたし、距離も大丈夫なところを見せてくれたので、確実に、堅実に走ってくれています。

◎中間は先週調教に騎乗されましたね?
 前回の調整が直前に僕が乗らなくて、それで馬も落ち着いてくれていい感じでレースに行けましたので、今回もそういう形で行こうと思って話し合って、1週前は僕がしっかり乗って、今週は調整程度ということになりました。

◎先週乗っての感触はどうでしたか?
 大きな上積みはないとは思うのですが、前回から状態が下がっていることはないと思いますし、いい形で来ていると思います。

◎デビュー以来、いろんな面で成長を感じていると思いますが、どうでしょう?
 キャリアは抱負ですし、一戦一戦競馬もしっかり覚えていってくれていて、僕以外に藤田さんも競馬を教えてくれているので競馬での成長もあると思います。

◎この馬の一番強調できる点はどこでしょう?
 堅実な点じゃないでしょうか。しっかり終いの反応もしてくれますし、一戦毎に成長してくれて重賞のタイトルも取れましたし。

◎今回は直線の長い東京コース。どのあたりがポイントになるでしょうか?
 まずはしっかり折り合いをつけること。直線が長いので僕の仕掛けのタイミングが全てになると思うので不利のないようにしっかり乗って絶妙のタイミングで仕掛けることができれば、前回のレースのように上手くいくのではないかと思っています。

◎ある程度イメージはできていますか?
 一回毎に競馬を覚えていますし、折り合いも前回はうまくいったので、今回も折り合いをしっかりつけてレースを進めたいと思います。

◎GIに向けて期待のほどをお願いします。
 父とのGIはまだ中央ではないですし、なかなか一緒にGIに挑戦する機会はないですが、2着までは来たことはあるのですが、今回は大きなチャンスだと思うので1着を取って一緒に喜びたいと思っています。

(取材:佐藤泉)