今週は天皇賞(春)。『これが競馬だ!』第二章はあるのか? [実況アナ!]
2015/04/30(木) 16:26
 4月も今日で終わりという日に3月の万馬券を振り返ります。3月に出た100万超の万馬券とWIN5のレースの担当者は以下の通りです。

3月 1日(日)小倉・8レース  3連単180万1200円(実況担当・檜川)
3月 7日(土)中山・8レース  3連単423万8600円(実況担当・舩山)
3月14日(土)阪神・1レース  3連単457万40円  (実況担当・小林)
3月14日(土)中山・4レース  3連単162万1540円(実況担当・木和田)
3月14日(土)中京・3レース  3連単185万710円 (実況担当・中野)
3月14日(土)中京・12レース 3連単209万4100円(実況担当・佐藤)
3月21日(土)阪神・4レース  3連単175万3800円(実況担当・山本也)
3月21日(土)中京・5レース  3連単115万8180円(実況担当・小塚)
3月21日(土)中京・12レース 3連単111万1290円(実況担当・檜川)
3月28日(土)中京・2レース  3連単277万5700円(実況担当・小塚)
3月29日(日)中京・8レース  3連単141万9670円(実況担当・小塚)

★3月 1日(日) 阪急杯&中山記念
 中山 10R(6番人気)・11R(3番人気)           ...小塚アナ    
 阪神 10R(1番人気)・11R(2番人気)           ...小林アナ
 小倉 11R(7番人気)                     ...檜川アナ
<払戻金> 448万2430円

★3月 8日(日) 弥生賞
 中山  9R(2番人気)・10R(3番人気)・11R(2番人気) ...中野アナ    
 阪神 10R(3番人気)・11R(6番人気)           ...佐藤アナ
<払戻金> 254万7460円

★3月15日(日) Fレビュー&中山牝馬S
 中山 10R(3番人気)・11R(3番人気)           ...木和田アナ    
 阪神 10R(3番人気)・11R(1番人気)           ...檜川アナ
 中京 11R(2番人気)                     ...中野アナ
<払戻金> 39万410円

★3月22日(日) 阪神大賞典&スプリングS
 中山 10R(3番人気)・11R(5番人気)           ...中野アナ    
 阪神 10R(1番人気)・11R(1番人気)           ...佐藤アナ
 中京 11R(2番人気)                     ...小塚アナ
<払戻金> 49万1940円

★3月29日(日) マーチS&高松宮記念
 中山 10R(5番人気)・11R(6番人気)           ...中野アナ    
 阪神           11R(3番人気)           ...大関アナ
 中京 10R(5番人気)・11R(4番人気)           ...小塚アナ                 
<払戻金> 518万4790円

 まず3月の月間MVPの発表です。MVPは私小林が選出されました。3月の最高配当となった457万40円のレースを実況し、尚且つ36のレースを実況して32のレースが万馬券となり、リーディングのトップに立ったことが評価されました。
 次にリーディングの順位です。今書いたように私小林がトップになりました。3月はかため打ちして2月の7割8分5厘から一気に8割7分4厘まで打率を上げました。決して『荒れてしまえ!』と念じながら実況をしているわけではないのですが、不思議とレースが荒れるのです。まぁ、人気サイドで決着するよりは景気良く荒れた方がいいかな、とは思っていますが...。2位は8割6分3厘で順位を1つ上げた木和田アナ、3位が8割5分の山本直也アナとなりました。一方、2月のトップだった大関アナは大きく順位を落としました。3月15日には6打数1安打となるなど振るわず打率を8割6厘まで下げてしまいました。やはり彼は昔のままで、変わることが出来ない男なのでしょうか?
 下位の顔ぶれも大きく変わりました。山本直アナが7割6分5厘で最下位となっています。彼は週に3つのレースしか担当しないので打率の変動が大きくなるのは仕方がありません。しかし、3月は1度も3打数3安打がなかったのです。新進気鋭の若手アナである山本直アナは、はたして「穴ウンサー」ではないのでしょうか?そしてブービーも意外な人になりました。佐藤アナです。佐藤アナも一気に打率がダウンして7割7分1厘にまで下がってしまいました。その後が7割7分5厘の檜川アナとなっています。
 さぁ、今週は天皇賞(春)です。キズナとゴールドシップの初対決が注目を集めているようですが、はたしてこの2頭は勝ち負けするでしょうか?この注目のレースを実況するのは佐藤アナです。佐藤アナは昨年も実況しましたが、断然1番人気のキズナはよもやの4着に終わりました。そして佐藤アナは秋にはマイルチャンピオンシップも担当しましたが、マイルチャンピオンシップの前の花園ステークスでは単勝311倍の馬が勝ち、本番のレースでは1番人気のミッキーアイルが13着に敗れ、フィエロがハナ差で負けてWIN5が的中なしになったことを覚えている方も多いと思います。
 私は人気になるであろうキズナとゴールドシップは恐くて買う気がしません。何かとてつもなく荒れそうな気がするのです。3年前のレースのように場内が騒然とする結果になることはないでしょうか?もしもそうなっても、佐藤アナは『これが競馬だ!』などと言う事はないと思いますが...。