【天皇賞】栗東レポート~アドマイヤデウス [News]
2015/04/29(水) 16:18
 5月3日(日)に京都競馬場で行われる第151回天皇賞(春)に出走するアドマイヤデウス(牡4、栗東・橋田満厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●アドマイヤデウスについて橋田満調教師
「今年2戦は、馬の良いところが出ていますね。馬体重がそう増えた訳では無いですが、ひと回り大きくなったように思えます。

 以前から精神的にはしっかりしていた馬でしたが、それが大人になりました。3歳の頃は、クラシックへのローテーションに馬を合わせて行くので、この馬には厳しいローテーションだったのでしょう。古馬になったら目標を決めて、それに向けたローテーションを組めますから、それが良い方向へ出ていると思います。

 掛かる馬でもないですし、一瞬の脚も使えるので春の天皇賞は合っているのでは、と思っていました。日経賞も最後に1ハロン11秒台のラップが続く中で差し切りましたし、内容は濃かったですね。この中間も順調ですし、1週前に速いところをやって今週は坂路で終いを伸ばす程度に。反応も良く、予定通りに来ましたからこれでいいでしょう。

 位置取りが柔軟にできて、前へ行っても折り合いがつきますからね。トビが大きくてきれいな馬ですから、馬場が良いのもプラスでしょう。ある程度前で競馬ができれば理想的かな、と思います。

 私の父(※)も調教師でしたし、天皇賞は歴史と名誉のあるレースと感じています。(厩舎から)馬を送り出すことが出来て本当に良かったです。まだ4歳ですが順調に来ていますし、ぜひ応援してあげてください」

(※橋田満調教師の父・橋田俊三氏は騎手時代の1951年にタカクラヤマで、調教師としても1973年にタイテエムで春の天皇賞を制覇)


●アドマイヤデウスについて岩田康誠騎手
「ここ2戦は、凄く強い内容で勝ってくれていますね。日経賞も外を回りながら完勝でしたし、今回も期待しています。

 3歳の頃はまだ馬が子供で、体が緩かったのですが、4歳になって走りもしっかりして素直になりました。走りに集中できていると思います。この先、まだまだ良くなるのではないでしょうか。毛ヅヤもピカピカですし、状態は前走以上でしょう。ゲートも普通に出てくれますし、折り合いの心配もないので、自分のリズムで走れれば良い勝負になると思います。

 (―岩田騎手にとっては2008年、アドマイヤジュピタ以来の春の天皇賞勝利がかかる一戦)馬主さんも同じですし、走り方も似ているなと思っているんです。チャンスなので楽しみにしています」

(共同会見より~取材:大関隼)