【あずさ賞】(京都)~サンライズセンスが3馬身差でV [News]
2015/04/26(日) 15:59
京都9Rのあずさ賞(3歳500万下・芝2400m)は2番人気サンライズセンス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒1(良)。3馬身差の2着に7番人気シゲルヤブサメ、さらに3馬身差の3着に5番人気カレンラストショーが入った。

サンライズセンスは栗東・河内洋厩舎の3歳牡馬で、父グラスワンダー、母レミニセンス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サンライズセンス(川田将雅騎手)
「前回騎乗して、どのぐらいの脚が使えるかわかっていましたから、前の馬との距離を確認しながら楽に追走できました。物見のきついところがあるので、それだけ注意してうまくゴールまで誘導できました。いい内容のレースだったと思います」

2着 シゲルヤブサメ(藤岡康太騎手)
「ある程度、後ろを離して逃げようと思っていましたが、その通りのレースができました。勝ち馬には交わされましたが、後ろの馬は抑えています。こういう距離は合いますし、近いうちにチャンスはあるでしょう」

3着 カレンラストショー(小牧太騎手)
「自分のペースで終始内側をうまく追走できました。最後までバテず、よく伸びています。今日は体が以前の状態に戻っていたのがよかったのだと思います」

4着 ショウボート(浜中俊騎手)
「練習ではいいのですが、実戦になるとゲートでゴネてしまいます。そこでテンションが上がってしまって、レースでも力んで走っていました。その分、直線での伸びがありませんでした。気性面の成長が必要ですね」