【橘S】(京都)~マテンロウハピネスがゴール前の激戦制す [News]
2015/04/25(土) 16:26
京都10Rの橘ステークス(3歳オープン・芝1400m)は2番人気マテンロウハピネス(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2(良)。ハナ差2着に1番人気ブラヴィッシモ、さらにハナ差で3着に9番人気ブラッククローバーが入った。

マテンロウハピネスは栗東・昆貢厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母レディハピネス(母の父Montjeu)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マテンロウハピネス(浜中騎手)
「前を主張する馬が多く、少し気を使うところがありました。でも、エンジンが掛かってからはよく盛り返して走ってくれました。こういう番手からのレースに慣れてくれば先々いいですね」

2着 ブラヴィッシモ(小牧騎手)
「攻め馬よりレースの方が動きますし、乗りやすいですね。勝ったと思ったのですが...。まだ真剣に走っていないところがあります。今後はその点が課題でしょう」

3着 ブラッククローバー(和田騎手)
「気合は乗っていました。もう少し楽に先行出来るかと思ったのですが、フワフワしながら走っていました。でもハナに立って行っても最後まで踏ん張っています。力のあるところは見せてくれました」

4着 ナリタスターワン(福永騎手)
「開幕週で前の馬が残る馬場とは思っていましたが、脚をためた方がこの馬にはいいと思ってレースに臨みました。事前に聞いていた、内へのモタれは修正されていました。最後は届くと思ったのですが...。長くいい脚を使う馬なので、東京を走らせてあげたいですね」

5着 ブリクスト(幸騎手)
「道中、折り合いはついていましたが、手前の替え方にスムースさを欠いていました」

6着 セカンドテーブル(ルメール騎手)
「スタートも良く、道中はリラックスして走っていたのですが、内にモタれてうまく走れませんでした」

7着 ロードフェリーチェ(四位騎手)
「今回は1400mでしたから、少し出して行こうとしたら、すぐ折り合いを欠いてしまいました。やはりマイルくらいの方がリラックスして走れるのではないでしょうか」