【新緑賞】(東京)~マッサビエルが後方から突き抜ける [News]
2015/04/25(土) 15:15
東京9Rの新緑賞(3歳500万下・芝2300m)は1番人気マッサビエル(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分21秒6(良)。2馬身差2着に3番人気ミコラソン、さらに1/2馬身差で3着に6番人気サブライムカイザーが入った。

マッサビエルは美浦・小笠倫弘厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母メジロルルド(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マッサビエル(戸崎騎手)
「ゲートの中でテンションが高く、もっさりと出てしまいましたが、その後は乗りやすかったです。終いの脚はすごかったです」

2着 ミコラソン(武豊騎手)
「この馬の持ち味を生かす競馬は出来ました。しかし、今日は相手が強かったです」

3着 サブライムカイザー(三浦騎手)
「前回でこの馬の感触はつかめていたので、今日は競馬を教えることが出来ました。前を捉えられそうな脚はありましたが、坂を上がって脚色が一緒になってしまいました」

4着 ラブアポロン(田辺騎手)
「ゲートの出がまだ遅く、流れに乗れないのが弱いところです。競馬を作ることが出来ません。緩いところもあります」

5着 コアプライド(蛯名騎手)
「この馬の競馬をして、最後までしぶとく頑張っています」

6着 ラウレアブルーム(秋山騎手)
「引っ掛かってしまい、道中はチグハグな形になりました。うまく乗れませんでした」