【京葉S】(中山)~レーザーバレットが直線一気でV [News]
2015/04/19(日) 17:12
中山10Rの京葉ステークス(4歳以上オープン・ダート1200m)は、1番人気レーザーバレット(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒4。3/4馬身差の2着に2番人気ペイシャモンシェリが、ハナ差の3着に6番人気ラヴィアンクレールがそれぞれ入線。

レーザーバレットは美浦・萩原清厩舎の7歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母コンプリカーター(母の父Mr. Prospector)。通算成績は20戦7勝となった。

レース後のコメント
1着 レーザーバレット(横山典弘騎手)
「前回はスタートがよくなく、後方から脚を使う形でしたが、こういう競馬の方がこの馬の持ち味が生きると思いました。今日も抑えていこうと思いましたが、スタートでゴチャついて危なかったです。しかし、その後はスムーズで、思った通りにいい脚を使ってくれました」

2着 ペイシャモンシェリ(福永祐一騎手)
「馬がよくなっています。体が減らなかったのがよかったです。揉まれない競馬の方がいいので、条件付きのところはあります。今日は外枠もよかったですし、イメージ通りでした。勝ちにいっての2着ですからね」

3着 ラヴィアンクレール(M.デムーロ騎手)
「外枠はよくありません。スタートが速いので、内枠だったらもっと楽にいけたと思います。砂を被って嫌がっていましたが、最後までがんばってくれました。このクラスでもやれると思います」

5着同着 メイショウノーベル(蛯名正義騎手)
「うまくいきましたし、伸びてはいます。しかし、もっと前に行った方がよかったかもしれません」

7着 サウンドガガ(武豊騎手)
「もまれ弱いところがあるので、今日はポジションを取りにいきました。どんな競馬でもできればゆったりと行ったのですが......」