【鹿野山特別】(中山)~ライズトゥフェイムが4勝目をマーク [News]
2015/04/19(日) 17:10
中山9Rの鹿野山特別(4歳以上1000万下・芝2000m)は、2番人気ライズトゥフェイム(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒1。1馬身1/4差の2着に3番人気キネオペガサスが、ハナ差の3着に4番人気エアルプロンがそれぞれ入線。

ライズトゥフェイムは美浦・加藤征弘厩舎の5歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母バラファミー(母の父Barathea)。通算成績は16戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 ライズトゥフェイム(M.デムーロ騎手)
「いいスタートを切って、いい位置につけられました。4コーナーでの反応もスムーズで、よくがんばってくれました」

2着 キネオペガサス(蛯名正義騎手)
「ペースが遅くて、引っかかりそうだったので、馬群の中に入れました。もう少しスムーズだったらよかったのですが......」

3着 エアルプロン(C.ルメール騎手)
「中山の2000mは短いです。ワンペースの馬で、エンジンがかかるまで時間がかかります。それでもよくがんばっていますが、東京の2000~2400mならもっといいレースができると思います」