【袖ケ浦特別】(中山)~ファントムロードが3番手から抜け出す [News]
2015/04/19(日) 16:03
中山8Rの袖ケ浦特別(4歳以上1000万下・芝1200m)は、1番人気ファントムロード(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒2。1馬身半差の2着に7番人気アブマーシュが、クビ差の3着に2番人気モンマックスがそれぞれ入線。

ファントムロードは美浦・堀宣行厩舎の7歳牡馬で、父フジキセキ、母ホクトペンダント(母の父パークリージエント)。通算成績は20戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 ファントムロード(C.ルメール騎手)
「すごくいいスタートで、いいポジションにつけられました。直線では前にいた馬の内が開いたときにゴーサインを出したのですが、そのときの反応がすごくよかったです。最後はいい脚を使ってくれました」

2着 アブマーシュ(戸崎圭太騎手)
「いい流れで運べました。しかし、勝った馬は内が開きましたからね......」

3着 モンマックス(蛯名正義騎手)
「がんばって競馬をしていました。伸びかけていたのですが......。坂がない方がいいのかもしれません」

4着 タガノザイオン(武豊騎手)
「前が開けばと狙っていたのですが、開きませんでした。具合がよかっただけにもったいなかったです。距離はこのぐらいがいいと思います」

10着 ワキノコクリュウ(浜中俊騎手)
「休み明けだったので、一回使ってよくなると思います」