【皐月賞】美浦レポート~ドゥラメンテ [News]
2015/04/16(木) 13:23
 19日(日)に中山競馬場で行われる皐月賞に出走を予定しているドゥラメンテの関係者のコメントは以下の通り。

堀宣行調教師
「前走から間隔が空きましたが、共同通信杯の後放牧に出して1ヶ月前にこちらに戻って予定通りここまできました。今朝の追い切りはデムーロ騎手が乗ってウッドコースでの3頭併せでした。前の馬の真後ろにつけて折り合いをつけることが一番の目的でした。行き出しは遅かったのですが、ハミを取っていいストライドで伸びていました。追い切りの後、デムーロ騎手が自分の考えでやったことで『指示通りでなくてごめんなさい』と言ってました。
 中山は初めてになりますが、前走の後にもう1回使うといい状態で本番に行けなくなると考えてトライアルは使いませんでした。特に中山を避けていたわけではありません。ゲートの出も練習では完璧で、前走でも出たので大丈夫でしょう。
 この馬は気性が強く、はじめは立ち上がったりわがままなところがありました。しかし、メンタル面の成長が大きく落ち着いてきました。まだ荒削りな面がありますが、爆発力がセールスポイントです。今度はデムーロ騎手と初コンビになりますが、今朝も上手にコミュニケーションが取れていましたので心配ないと思っています。枠順はどこでも決まったところでそれなりの作戦を立てるつもりです。」

ミルコ・デムーロ騎手
「今朝の追い切りでは3頭で走って、私は2番手からでした。この馬の過去のレースを全て見ました。前走では引っかかっていましたが、追い切りでは折り合っていました。反応も良かったです。右回りでしたが、問題はありませんでした。
 レースで乗っていないで、まだこの馬についてはよくわからないのですが、難しいところがあるようです。しかし、私は難しい馬は大好きです。中山の二千メートルのコースはすごく難しいです。内枠と外枠、スタートも大事でベースにも左右されますし、直線では詰まって抜けるスペースがないこともあります。枠順は出遅れなければ内枠がいいです。出遅れると分かっているなら外枠がいいです。桜花賞は残念な結果でしたから頑張りたいです。レースを楽しみにしています。」

(取材:小林雅巳)