【皐月賞】栗東レポート~リアルスティール [News]
2015/04/15(水) 17:10
 有力馬の一頭リアルスティールは馬場整備が終わった7時10分過ぎに坂路コースに入り最後の1ハロンを12秒3という速いタイムで走りぬけた。

 調教後の記者会見での関係者とのやりとりは以下のとおり。

●リアルスティール
(福永祐一騎手)

◎共同通信杯は快勝、スプリングステークスはスローペースの中で追い込んで2着でした。振り返っていかがですか?
 共同通信杯は新馬戦の時より調教の動きが良かったのでどのぐらいやれるかと半信半疑な面もあったのですが、内枠でいいポジションを取れて最後もしっかり伸びてくれました。相手も揃った中で好タイムで勝ってくれましたので、能力はもちろんですが、運も持っている馬だと感じました。
 スプリングステークスは短期放牧を挟んでの出走でしたが、状態はさらに良くなっていましたし自信を持って臨んだのですが、ちょっと読み違えたというか、馬にはきつい競馬をしてしまったなと思っています。

◎それでもスプリングステークスではかなり収穫もあったのではないかと思いますが。
 1800メートル自体はこなしてはいましたけれど、コーナー4つの競馬は初めてでしたし中山競馬場自体も初めてでしたからどんなレースをしてくれるのかと思っていましたが、中山は小回りで坂のあるコース。ある程度の器用さを求められるコースですから、その器用さがどれだけあるのか確認する意味でもね(収穫はありました)。結果は勝てませんでしたがいろいろ次に向けての修正点が見つかったり収穫の多いレースだったと思います。

◎先週の調整はいかがでしたか?
 レース1週前ですのである程度負荷をかけるということで先行馬を追いかける形で最後までビッシリと併せ馬ができましたし、その中で強い負荷もかけられましたし、いい調教ができたのではないかと思います。

◎先ほどの坂路での動きですが楽に交わして・・・というふうに見えましたが?
 予定より1秒ぐらい速くなりましたが「先行する馬を追いかけて最後だけスッと伸ばすような形」でという指示だったので伸ばしました。右にモタれたりと若さというかまだまだという所はあるのですが、そうした中で持っている能力は高い馬なのでタイムも優秀でしたし、フォームやモタれる部分などが修正されてこれば素晴らしい動きをしてくれるのではないかと思いますが、まだ現状ではあんな感じです。

◎そんな完成途上という中で一番のセールスポイントは何でしょう?
 能力の高いところですね。それをレースで出し切れるようにしなければならないので。調子はいいですよ。不安もなく予定していた調教を消化していますし、前回は少し太め感がありましたが、今回は負荷をかけてきていますし、前回よりいい状態で臨めます。中山コースも2回目ですし、今回は相手もさらに強くなりますが力はある程度出せる状態ではないかと思います。

◎ライバルを見ていかがでしょうか?
 世代のレベルは(後になって)振り返らないとわからない部分はありますが、当然楽なGIはないと思いますし、クラシックですからタフな競馬になると思っています。それを一緒に乗り越えていければと思っています。

◎中山のトリッキーなコースでレースのイメージはできていますか?
 今の中山のコースコンディションを考慮してある程度のイメージは持っていますが、スタートの上手な馬で流れには乗り易いと思いますのでね。あとはどんな誘導ができるかだけだと思います。まだまだ未完成な馬ですが結果も出してくれていますし、今回も勝ちを見据えた騎乗ができればと思っています。

◎レースに向けての抱負をお願いします。
 当然期待もされていますし、人気も背負うと思います。責任も感じていますし、それに応える騎乗をしたいと思います。調子もいいのでいい結果が出せるように頑張りたいと思います。


(矢作芳人調教師)

◎スプリングステークスを振り返ってください。
 凄く人気になっていたので(この馬を)1着で(馬券を)買ってくださった方に申し訳ないということ、それと自分自身が悔しかったということ以外はいいトライアルレースだったと思います。いろいろと試したいことがあってそれをクリアできたのでレースを使って良かったと思います。

◎「レースぶりにセンスを感じる」というコメントもされていましたが。
 もちろんセンスは凄くあることはデビューの時から感じていました。スタートも速いですし、将来を考えて抑えるレースをしていますが、行こうと思えば(前へ)行けますし、どんな競馬もできるのではないかと思っています。

◎福永騎手はこの馬のいい所を「とにかく能力のある所」と言っていましたが、矢作調教師の目からはいかがでしょう?
 とにかく緩いところのある馬で完成途上だと思っています。デビューから3戦のパフォーマンスはただ能力が高いから走っていたのだと思っています。

◎これから伸びしろがまだまだあるということですか?
 何割とか言うのは難しいですが自分の頭の中ではまだ7~8分の状態だと思っていますので、まだまだ大きな可能性があると思っています。

◎先週の調整はウッドチップコースでしたが?
 前回はトライアルということで正直余裕残しの形でした。今回はそういうわけには行きませんので特に1週前にウッドチップコースで負荷をかけることを考えていましたのでともて良かったと思います。

◎今週は坂路コースで併せて楽々と交わしたように見えましたが?
 「乗った感じで」とジョッキーに任せていました。普通にやればいい、ラストだけ決めて欲しいとしか指示はしていません。見た人はみんなわかると思いますが、あれで文句をつけてはいけないという動きだったと思います。

◎前回よりワンランク上の状態で送りだせますね?
 しっかりと今回は作ったつもりです。体重も今回は減ると思いますし、たとえ減ってなくても今回はやってきた中身が違うので心配はないと思っています。

◎中山コースは前回より1ハロン延びるコースですが?
 皐月賞は中山の2000メートルと決まっているわけですから、特に・・・。1ハロン伸びるのはいいと思っています。

◎ここまで無敗の馬など今回のライバルはどう映っていますか?
 あまり考えないようにしていますけれど、負けてない馬のほうがプレッシャーがきつくて大変だろうと思っています(笑)。だた今回は自分も久々に緊張していますね。それだけの手応えを感じさせてくれる馬だと思っています。

◎改めて皐月賞へ向けての抱負をお願いします。
 1歳の春に初めて見た時から「これだけのサラブレッドはなかなかいない」と思わせる馬でした。その後成長が遅い時もあったのですが、秋に栗東に入ってからは思った通りに成長してくれていると思います。本当に素晴らしい馬なので当日はぜひ中山競馬場に脚を運んでうちの馬を見て応援して頂きたいと思っています。


(取材:佐藤泉)