【皐月賞】美浦レポート~ミュゼエイリアン [News]
2015/04/15(水) 15:32
 19日(日)に中山競馬場で行われる皐月賞に出走を予定しているミュゼエイリアンの関係者のコメントは以下の通り。

黒岩陽一調教師
「今朝の追い切りはウッドコースで2頭で併せました。柴山騎手が乗って、反応を確かめる程度でしたが、柴山騎手もいい感触を持ってくれたようです。中2週ながら硬さがなく、大きな走りが出来ていたと思います。
 もともと能力はある馬だと思っていましたが、良くなるのは先だろうと考えていましたので、思いのほか早くも重賞を勝ってくれて意外な喜びでした。
 中山の2000メートルは去年の暮れに走りましたが、あの時は少し気負いがあり、スタートで出したらビューッと行ってしまいました。それを踏まえて中間は気負いが出ないよう調整してきました。前走後は慎重に様子を見て、回復も早かったので積極的な調整をすることが出来ました。
 レース振りが上達したので枠順はどこでもいいです。能力はあるので、ここでどれくらいの競馬をしてくれるのか楽しみにしています。」

柴山雄一騎手
「騎乗依頼の話をいただいた時はすごく嬉しかったです。なかなかクラシックは乗れる機会がなく、楽しみしています。依頼を受けてこの馬の過去のレースを見たのですが、いろいろな競馬をして、いろいろな経験をしているのだと思いました。
 今朝の追い切りの印象も良く、乗りやすくて仕掛けた時の反応も素直で不安要素がありません。レースがすごく楽しみです。
 レースでは馬場を考えて乗りたいと思っています。中山コースはその時々で、前残りになったり外差しが決まったりするので、そこを見極めて作戦を考えたいと思っています。どのような競馬が出来るのか、楽しみばかりです。頑張ります。」

(取材:小林雅巳)