【デイジー賞】(中山)~ディープジュエリーがデビュー2連勝飾る [News]
2015/04/12(日) 15:51
中山9Rのデイジー賞(3歳500万下、牝馬限定、芝1800m)は1番人気ディープジュエリー(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(良)。1/2馬身差2着に2番人気クインズミラーグロ、さらに3/4馬身差で3着に5番人気メイショウサワヤカが入った。

ディープジュエリーは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ジュエルオブザナイト(母の父Giant's Causeway)。通算成績は2戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ディープジュエリー(柴山騎手)
「4コーナーで他の馬を気にしたのか、余分に外に張ってしまいました。しかし、直線に向いてまたエンジンが掛かりました」

2着 クインズミラーグロ(蛯名騎手)
「いい形で運んで、伸びていたのですが、相手が悪かったです。素軽くていい馬です。良の軽い馬場が向いていると思います」

3着 メイショウサワヤカ(江田照騎手)
「前走はゲートの出が良くなかったですが、今日はポンと出てくれました。流れに乗って上手に競馬をしてくれました。左ブリンカーのおかげでモタれることもありませんでした。最後は上位2頭との決め手の差が出ました」

4着 サザナミ(秋山騎手)
「左を見て走っていて、それを修正しながらだったので、脚がたまりませんでした」

5着 ギンザヴィクトリア(勝浦騎手)
「仕方がないか、と思いかけた時に行きっぷりがとても良くなって、来たな、と思いました。しかし、最後は止まっていたので、直線まで我慢出来ていれば良かったです。距離も1400m~1600mがいいでしょうか」

6着 ツクバスマイル(田中勝騎手)
「残念です。いい感じでしたが、うまく外に出せませんでした」