【NZT】(中山)~ヤマカツエースがゴール前で抜け出す [News]
2015/04/11(土) 17:06
中山11Rのニュージーランドトロフィー(3歳GII・芝1600m)は、7番人気ヤマカツエース(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒8。3/4馬身差の2着に1番人気グランシルクが、アタマ差の3着に2番人気アルマワイオリがそれぞれ入線。

ヤマカツエースは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ヤマカツマリリン(母の父グラスワンダー)。通算成績は9戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「父の管理する馬で久しぶりに重賞を勝つことができて嬉しいです。並ばれると少しハミを噛んでいくところがあるので、折り合いをしっかりつけようと思っていました。いい位置で折り合いもつきました。ギリギリまで後ろにいて、これ以上ないタイミングで追い出しましたが、最後はよくしのいでくれました。NHKマイルCでは直線がさらに長くなるので、仕掛けどころひとつだと思いますし、考えて乗りたいと思います」

(池添兼雄調教師)
「うまくいい位置につけて、馬場のいいところを通ることができました。1400mまでの馬かと思っていましたが、坂を上がっても我慢してくれました。1600mももってくれてよかったです。楽しみが広がりました」

2着 グランシルク(戸崎圭太騎手)
「スタートの前に外の音に反応していて、出遅れました。致命的なところからよく伸びてくれました。力のあるところは見せられましたし、本番が楽しみです」

3着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「ちょっと力んだ分、伸び切れませんでした。馬場はこなしてくれたとはいえ、ベストではありません。本番でがんばります」

4着 ナイトフォックス(大竹正博調教師)
「昨年の雪辱と思って夢を見ましたが......。しかし、反応の早さはすごいですね。今後はそれが持続できるようになればいいと思います」

5着 ネオルミエール(柴山雄一騎手)
「道中からリラックスして走っていましたし、前走と比べると終いに脚を使ってくれています。伸びてはいますが、弾けてはいません」

9着 ジャストドゥイング(三浦皇成騎手)
「一瞬伸びかけましたが、道中でノメっていた分、最後止まってしまいました。自分からレースを作る形のほうがいいかもしれません」

11着 タケルラムセス(江田照男騎手)
「道中は楽についていけましたし、馬場はこなしてくれました」