【3歳500万下】(阪神5~6R)~スマートアヴァロン、ダッシングブレイズが勝利 [News]
2015/04/11(土) 15:15
阪神5Rの3歳500万下(ダート1200m)は2番人気スマートアヴァロン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3。1馬身3/4差の2着に4番人気バリキが、半馬身差の3着に3番人気ウォリアーズソウルがそれぞれ入線。

スマートアヴァロンは栗東・西園正都厩舎の3歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母スズカブルーム(母の父スキャターザゴールド)。通算成績は5戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 スマートアヴァロン(武豊騎手)
「スタートはヨレて出てしまいましたが、終いはいい脚を使います。時計も立派だと思います」

3着 ウォリアーズソウル(福永祐一騎手)
「時計は優秀ですし、よくがんばっていますが、今日は相手が悪かったです」

4着 オールオブユー(蛯名正義騎手)
「スタートでゴチャゴチャして、行けませんでした。最後はよく来ています」

16着 メラグラーナ(松山弘平騎手)
「行けたら行こうと思っていましたが、外の馬が速くていけませんでした。そして早々に手応えが悪くなってしまいました。馬はよくなっていましたが、今日は初めて揉まれる形となり、厳しい競馬になってしまいました」


阪神6Rの3歳500万下(芝1600m)は、1番人気ダッシングブレイズ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒8。1馬身1/4差の2着に2番人気ムーンクレストが、ハナ差の3着に6番人気ヤマニンマンドールがそれぞれ入線。

ダッシングブレイズは栗東・吉村圭司厩舎の3歳牡馬で、父Kitten's Joy、母Blazing Bliss(母の父Honour and Glory)。通算成績は6戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ダッシングブレイズ(浜中俊騎手)
「トモがまだ緩い感じで、スタートしてからなかなか進んでいきません。それでも力がありますから、この馬場でもいい脚を使えます。素質は高い馬ですから、今後の成長を期待したいですね」

2着 ムーンクレスト(太宰啓介騎手)
「直線での追い出しはもう少し待ちたかったのですが、一気に外から来られたので少し早めに追い出す形になりました。それでも最後までしぶとく脚を使ってくれました。今日は勝った馬が強かったですね」

3着 ヤマニンマンドール(和田竜二騎手)
「道悪は苦手と聞いていましたから、出たなりの位置で内には入れず、外目を走らせました。追い出して脚をとられるところがありましたから、良馬場なら結果は違ったと思います」

4着 ブルローネ(武豊騎手)
「馬が少し行きたがっていました。具合はよかったですし、このクラスでも問題なくやれると思います」

5着 テイエムダンシング(秋山真一郎騎手)
「クセがなく乗りやすい馬です。今日もよくがんばっています」