【3歳500万下】(中山6R)~ワタシダイナマイトが勝利 [News]
2015/04/11(土) 15:10
中山6Rの3歳500万下(ダート1200m)は、9番人気ワタシダイナマイト(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6。半馬身差の2着に12番人気ツァリーツァが、クビ差の3着に5番人気サンアルパインがそれぞれ入線。

ワタシダイナマイトは美浦・高橋祥泰厩舎の3歳牝馬で、父スニッツェル、母ステキプレゼント(母の父ジェニュイン)。通算成績は10戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ワタシダイナマイト(池添謙一騎手)
「スタートはポンと出て、いい形で追走できました。前が速い流れでいっていたので、この位置がいちばんでした。終いもいい脚を使ってくれましたし、よくがんばってくれました」

2着 ツァリーツァ(藤岡康太騎手)
「勝ったときと同じイメージで、ハナに行こうと思っていました。スタートは決まりましたが、ほかに速い馬がいたので、それを見ながら追走しました。最後は伸びてくれましたが、結果的にもうひと我慢してもよかったです」

3着 サンアルパイン(岩部純二騎手)
「以前、薄いブリンカーをつけたときにズルさを出して行きっぷりが悪かったですが、ブリンカーを深くしたら走りっぷりが違いました。ペースが速いのはわかっていたので、馬任せでレースをしました。よくがんばっています」

4着 チェリーサマー(小西一男調教師)
「ムチで叩くと反抗するので、ムチを使わなくていいと伝えました。速い流れについていったので、それを考えればよくがんばっています」

5着 ツクバインパクト(柴田善臣騎手)
「競馬が上手になり、いい感じになってきました。まだパワーは足りていないと思います」

6着 スズダリア(内田博幸騎手)
「行かなくてもよかったかもしれません。先に出ていたので、下がるわけにはいきませんでした。それでも最後までがんばっています」