【桜花賞】栗東レポート~キャットコイン [News]
2015/04/08(水) 16:47
☆4月12日(日曜日)阪神競馬場で行われるクラシック第一弾、第75回桜花賞(牝馬,サラ3歳,オープン GI 芝1600m)に出走するキャットコインについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通りです。

◎キャットコインについて、二ノ宮調教師

・この馬は気性がかっているので今日の最終調整はリラックスをさせることに主眼を置いて馬ナリの調教でした。飼葉食いが細いので馬体減りが心配でしたが、それも無く美浦のトレセンにいる時よりも落ち着いた印象です。
・初の西日本でのレースで、これまで長距離輸送の経験が無かったので、栗東トレーニングセンターに慣らして調整を続けてきましたが、その点も調整がしやすかったのだと思います。
・この馬は実戦に行って無駄な走りをしなかったことが取りこぼし無しの三連勝に繋がったのだと思います。それとこれまでの三戦で柴田善臣騎手がいろんなことを教えてくれたので、久々ながら桜花賞がどんなレースになるか楽しみです。
・逆に気性的に久々の分、力は発揮できそうです。後はこの馬の持ち味である一瞬の素晴らしい瞬発力をどこで使ってくれるかですね。今回はいい状態でここまで来ただけに期待も大きくなっています。

◎キャットコインについて、柴田善臣騎手

・今朝は角馬場からいい雰囲気で、美浦トレーニングセンターにいる時と同じような感じ、クイーンCの時と全く変わりません。そのクイーンCは前々走の中山のレースの反応から早めに動かしたら思ったより反応が良く、先頭に立ったら遊ぶような面を見せていました。
・この馬はとにかく余計なことをしない馬、プランはありませんが出たなりで力を出せるようなレースになればいいですね。

取材:檜川彰人.