【桜花賞】美浦レポート~メイショウメイゲツ [News]
2015/04/08(水) 15:09
 12日(日)に阪神競馬場で行われる第75回桜花賞(GI)に登録をしているメイショウメイゲツ(牝3、美浦・小島太厩舎)について、追い切り後の小島太調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアネモネステークス2着を振り返って)
「うまく内から抜けて来たのですが、やはり勝った馬がもっと良い脚を使っていたので、負けました。しかし、桜花賞が目標でしたから、最後の切符を手に入れられたことは嬉しいです」

(前走後の調整について)
「回復を早めにさせたいので、そのような調教過程を踏みました。今回は、レース後の回復が今までの中で一番早かったです。相手が強い競馬で負けた割には疲労がありませんでした。今回は調整がすごく楽でした」

(坂路での最終追い切りについて)
「馬場がとても悪かったので、ジョッキーには1ハロン15秒ぐらいの見当で、彼女の気持ちだけで行かせてくれということでやりました。時計はかかっていますが、すごく良いフットワークでした。ジョッキーはかなり良い感じで上がったと言っていました」

(コンスタントに使われているが、ここまでのレースの疲れは?)
「奥行きのある馬なのでしょうね。だんだんと良い感じに成長している感じです。肉体的にかなり強くなっています。少しヤンチャなところはありますが、そういう面でもドシッと見せますし、キャリアが逆に良い武器になるのではないでしょうか。牝馬は維持するのがものすごく難しいのですが、使いながら良くなってきたという点では心強いです」

(今回のレースについて)
「あの馬にはレースをしやすいコースだと思っています。スタートしてから直線ですから、位置も思うように取れると思います。どちらかというと、今まで少し苦しいレースが多かったものですから、今回はあのコースなら安心して見られるのではないでしょうか。デビュー戦の時に、長距離輸送として新潟に行っていますが、厩舎にいる時と馬体重も変わらずに来ました。やってみないと分かりませんが、馬運車の輸送は全然問題ないと思います。一泊して、当日の朝に飼い葉を食べてくれるか、そこが鍵だと思います。あくまでも桜花賞を意識していたものですから、(1600mを中心に)使っていました。彼女のレースの仕方は定まらなかったのですが、けっこう渋さがあります。牝馬としては軽いという感じではなく、強さが感じられます。この馬なりに引けは取らないのではないでしょうか。何とか今までで一番良い彼女の走りをしてくれるのではという期待を私はしております。応援のほど、よろしくお願いします」

(取材:米田元気)