【ダービー卿CT】(中山)~モーリスが外から突き抜ける [News]
2015/04/05(日) 16:45
中山11Rのダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上GIII・芝1600m)は、1番人気モーリス(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒2。3馬身半差の2着に4番人気クラリティシチーが、クビ差の3着に9番人気インパルスヒーローがそれぞれ入線。

モーリスは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス(母の父カーネギー)。通算成績は10戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 モーリス(戸崎圭太騎手)
「強い競馬で、いいパフォーマンスを見せられました。少しゲートの中でうるさいところがありますが、厩舎が練習してくれていたので、大人しかったです。ジャンプ気味のスタートで後ろからにはなりましたが、特に焦りはありませんでした。本来はもっと前目で競馬をしたかったのですが、終始手応えはよかったです。素晴らしい馬ですね。勢いよく勝っているので、今後も楽しみです」

2着 クラリティシチー(三浦皇成騎手)
「この馬のレースはできました。最後までいいフットワークで伸びてくれましたし、内容はよかったと思います」

3着 インパルスヒーロー(田中勝春騎手)
「いい感じでレースを進められました。だんだんよくなってきています。この馬にしては序盤から出て行ってくれていました」

4着 エキストラエンド(岩田康誠騎手)
「ペースが上がったところで離されてしまいました。そこでついていけていれば......残念です。馬場に関しては我慢してくれていました」

5着 ブレイズアトレイル(藤岡康太騎手)
「今日はゲートで我慢してくれていました。道中で少し力むところはありましたが、いい感じで行けました。ただ、直線で少し待たされてしまい、時間がかかってしまいました。勝った馬は強かったですが、もう少し前でゴールできたと思います」

6着 クラレント(勝浦正樹騎手)
「初めて乗ったので、何とも言えませんが、この馬のレースは見せてくれました。ハンデを考えればよくがんばっていると思います」

7着 ウインマーレライ(高木登調教師)
「流れとしては後ろからになりました。今日の馬場は差しが決まっていますからね......。それでも前に行った馬の中では最先着していますし、展開がはまればまた違うと思います」

9着 カオスモス(内田博幸騎手)
「ムキになっていなかったので、いけるかなと思ったのですが、思ったより弾けてくれませんでした」

11着 マイネルメリエンダ(柴田大知騎手)
「道中でガクンガクンしていて、トビも大きいですし、道悪はうまくないのかと思います。時計がかかるのは向いているのですが......」