【伏竜S】(中山)~クロスクリーガーが人気に応える [News]
2015/04/05(日) 16:16
中山10Rの伏竜ステークス(3歳オープン・ダート1800m)は、1番人気クロスクリーガー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒0。クビ差の2着に6番人気リアファルが、3馬身半差の3着に3番人気アンヴァリッドと4番人気タンジブルが同着で入線した。

クロスクリーガーは栗東・庄野靖志厩舎の3歳牡馬で、父アドマイヤオーラ、母ビッグクィーン(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は5戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 クロスクリーガー(庄野靖志調教師)
「今回は距離を200m延ばしていたので折り合いを心配していましたが、調教でも折り合えるようになってきていましたし、レースで押して出して行ってもハミがうまく抜けてくれました。地方も含めて出走したいレースがたくさんある中で勝ててよかったです。今後は兵庫チャンピオンシップを目指します。先行力もありますし、器用ですし、騎手の指示に従える馬です。どこの競馬場でもいいレースができます」

2着 リアファル(北村友一騎手)
「まだまだレース前も落ち着きがなくて、持っている能力だけで走っているような感じです」

3着同着 アンヴァリッド(戸崎圭太騎手)
「いい馬でがんばっているのですが、まだ馬が若くて、我慢がきかないです」

6着 ブチコ(藤岡康太騎手)
「スタートで躓き気味だったので、想定よりも一列後ろでした。少し坂を気にしたような感じで、平坦の方が今はよさそうです。ファンの多い馬で負けてしまい、申し訳ないです」