北村宏司騎手が騎乗停止 [News]
2015/04/05(日) 16:06
 阪神7レースで、8位に入線したロワサーブル(北村宏司騎手)は、最後の直線コースで内側に斜行したため、オアフライダー(藤田伸二騎手)の進路が狭くなった。

 この件について、北村宏司騎手は2015年2月21日にも不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、2015年4月11日から4月26日まで16日間の騎乗停止となった。

(JRA発表による)