【君子蘭賞】(阪神)~シングウィズジョイが好位追走から抜け出す [News]
2015/03/28(土) 15:42
阪神9Rの君子蘭賞(3歳500万下・牝馬・芝1800m)は、2番人気シングウィズジョイ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒7。半馬身差の2着に1番人気マキシマムドパリが、ハナ差の3着に4番人気ナムラアンがそれぞれ入線。

シングウィズジョイは栗東・友道康夫厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母シングライクバード(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は7戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 シングウィズジョイ(内田博幸騎手)
「道中のポジションも追い出すタイミングもよかったです。ヨーイドンの展開よりも先に抜け出した方がいい馬ですからね」

(友道康夫調教師)
「最後は勝負根性を見せてくれました。馬場もよかったです。これでトライアルにいけると思います。次走はフローラSを予定しています。距離があった方がいい馬です」

4着 ウインアキレア(D.バルジュー騎手)
「ペースが遅かったです。ハイペースだったらもう少しやれたのではないでしょうか」