【阪神大賞典】(阪神)~ゴールドシップが3連覇達成 [News]
2015/03/22(日) 16:49
阪神11Rの阪神大賞典(4歳以上GII・芝3000m)は、1番人気ゴールドシップ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分05秒9。1馬身1/4差の2着に7番人気デニムアンドルビーが、3馬身差の3着に2番人気ラストインパクトがそれぞれ入線。

ゴールドシップは栗東・須貝尚介厩舎の6歳牡馬で、父ステイゴールド、母ポイントフラッグ(母の父メジロマックイーン)。通算成績は24戦12勝となった。

レース後のコメント
1着 ゴールドシップ(岩田康誠騎手)
「本当に強かったです。この馬のリズムもありますし、のびのびと走らせてあげようと思っていました。前走よりも前に行けましたし、馬場は緩かったですが、パワーがあるので最後までがんばってくれました。ヨーイドンの競馬ではなく、馬をその気にさせられたのがよかったです。直線ではアタマが上がったかと思いましたが、もうひと伸びしてくれました。すごい馬だと思います。3000mを走っても息がすぐ入っていたということなので、まだ本気で走っていないかもしれません。これからも強いゴールドシップを見せられたらと思います」

(須貝尚介調教師)
「声が枯れました。競馬をなめているところがあるので、いかに馬を怒らせて、前に行かせるか、それだけを考えていました。3連覇については特に考えていませんでしたが、強かったです」

2着 デニムアンドルビー(浜中俊騎手)
「折り合いのつく馬ですから、じっくりと進めました。勝ち馬の後ろでいい形でしたし、直線もよく伸びていますが、相手はしぶとかったです」

3着 ラストインパクト(菱田裕二騎手)
「終始、折り合いはついていました。リズムよく、思っていたところから上がっていけましたが、直線では並ぶ間もなく突き放されてしまいました。前の2頭が強かったです。それでもよくがんばってくれました」

4着 カレンミロティック(M.デムーロ騎手)
「4コーナー、そして直線とスペースが狭くなってしまいました。外に出せていれば、相当伸びていたと思います」

5着 フーラブライド(酒井学騎手)
「理想としてはゴールドシップの後ろでした。道中は前にカベを作りたかったのですが、作れず、どうかなと思っていました。しかし、折り合いがついて、うまく走ってくれました。距離は大丈夫だという感触がありました。勝負どころでモタモタしましたが、バタついたわけではなく、ジリジリと脚を使っています。よくがんばっていますし、次につながると思います」

8着 スズカデヴィアス(藤岡佑介騎手)
「最初の1000mの入りが速くなってしまって、その後も息を入れるところがありませんでした。4コーナーまでは踏ん張っていましたが、直線の坂で止まってしまいました」