【幕張S】(中山)~アルマディヴァンが差し切る [News]
2015/03/22(日) 16:20
中山9Rの幕張ステークス(4歳以上1600万下・芝1600m)は、5番人気アルマディヴァン(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1。3/4馬身差の2着に7番人気チェリーヒロインが、クビ差の3着に6番人気オメガキングティーがそれぞれ入線。

アルマディヴァンは美浦・高橋文雅厩舎の5歳牝馬で、父メジロベイリー、母ゲームコンパイラ(母の父メジロライアン)。通算成績は23戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 アルマディヴァン(勝浦正樹騎手)
「これまであまり右回りを使ってこなかったので、今日はどうかと思っていましたが、まったく問題はありませんでした。むしろ右回りの方がいいのかもしれません。根性があって、いつも一生懸命走ってくれて頭が下がる思いです。馬がどんどんよくなっているので、次はオープンになりますが楽しみです」

4着 カフェリュウジン(柴田大知騎手)
「前半はついて行けませんでした。しかし、今日はうまく展開がはまってくれました。中山がこの馬には合っています。いちばんいいですね。今の少しやわらかい馬場もこの馬にはよかったと思います」

6着 マジックタイム(柴山雄一騎手)
「久々で前半は力んでいるようでした。最後は来ているのですが、リズムよく行くことができなかったです。しかし、力はある馬だと思います」