【トリトンS】(中京)~レッドファルクスが外から差し切る [News]
2015/03/15(日) 16:09
中京11Rのトリトンステークス(4歳以上1600万下・芝1200m)は、2番人気レッドファルクス(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9。半馬身差の2着に9番人気エポワスが、アタマ差の3着に1番人気アットウィルがそれぞれ入線。

レッドファルクスは美浦・尾関知人厩舎の4歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は10戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 レッドファルクス(勝浦正樹騎手)
「中団の位置が理想と考えていましたが、思ったより後ろの位置になりました。腹をくくってじっくりレースをしましたが、期待に応えるいい伸びでした。強い内容だったと思います」

2着 エポワス(杉原誠人騎手)
「戦ってきた相手を考えてもオープンにいける能力のある馬です。スムーズにレースができましたし、よく伸びています。真面目に走るタイプの馬ですから、1200mの距離も合っています」

3着 アットウィル(D.バルジュー騎手)
「課題はスタートと聞いていましたが、今日はスタートをよく出てくれて、いい位置でレースができました。ただ、直線でバランスを崩すような感じになって、そのロスがこたえました」

5着 ルミナスウイング(松岡正海騎手)
「ゲートで待たされてタイミングが合わず、スタートであおってその後は引っかかってしまいました。芝の走りはよかったですし、特に今のやわらかい芝は合う馬です。ゲートがスムーズなら勝ち負けだったと思います」