【アネモネS】(中山)~テンダリーヴォイスが外からまとめて差す [News]
2015/03/14(土) 16:29
中山11Rのアネモネステークス(3歳オープン・牝馬・芝1600m)は、1番人気テンダリーヴォイス(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒6。3/4馬身差の2着に2番人気メイショウメイゲツが、1馬身1/4差の3着に4番人気アドマイヤピンクがそれぞれ入線。

テンダリーヴォイスは美浦・萩原清厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ミスアンコール(母の父キングカメハメハ)。通算成績は6戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 テンダリーヴォイス(戸崎圭太騎手)
「トライアルだけに、しっかりと騎乗したいと思っていました。追い切りにも乗せてもらって、すごく操縦しやすく、いい馬だと思いました。レースでも折り合い十分で、瞬発力もあり、強い競馬でした。どんな競馬にも対応できそうなので、今後も楽しみです」

2着 メイショウメイゲツ(吉田豊騎手)
「レースが上手です。狭いところを割るのも気にしません。今日は外が伸びる馬場で、勝ち馬の脚が違っていました。この先は馬体が大きくなってくると楽しみです」

4着 ゴールドシャンティ(村田一誠騎手)
「この枠順(大外枠)が響きました。もう少し内の枠ならよかったのですが......」

5着 メジャーフォルム(江田照男騎手)
「スローペースになると想定していて、理想的な位置でした。力はつけていますが、もうワンパンチ足りませんでした。もっと成長してくれば、芝とダートを問わず、1800mまではやれそうです」

10着 ダイワバーチュー(三浦皇成騎手)
「4コーナーで一瞬は手応えがありましたが、そこから離されてしまいました。まだ体が緩いので、現状は中山のトリッキーなコースだと厳しいかなという印象です」