【阪神スプリングJ】(阪神)~サンレイデュークがゴール前で差し切る [News]
2015/03/14(土) 15:21
阪神8Rの阪神スプリングジャンプ(障害4歳以上GII・芝3900m)は、4番人気サンレイデューク(難波剛健騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分22秒8。ハナ差の2着に6番人気サンライズロイヤルが、1馬身差の3着に5番人気ソンブレロがそれぞれ入線。

サンレイデュークは栗東・高橋義忠厩舎の7歳牡馬で、父デュランダル、母サンレイククイン(母の父Cozzene)。通算成績は28戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 サンレイデューク(難波剛健騎手)
「距離が長かったので、前半はこの馬のリズムで行かせました。この馬のレーススタイルはいつも後ろからですし、道中の手応えもよかったです。阪神に1日早く入ってスクーリングした効果もありました。馬が力をつけていますし、まだ上積みもありますから、次の中山グランドジャンプが楽しみです」

3着 ソンブレロ(高田潤騎手)
「この距離は初めてで、相手も強くなった中、いい経験になったと思います。力をつけています」

10着 タマモプラネット(小坂忠士騎手)
「道中は折り合いもつき、飛越も問題ありませんでした。初めてのこの距離でしょうか。しかし、まだキャリアの浅い馬で、これを使ってどう変わってくるかだと思います。走らない馬ではないですからね」