【ポラリスS】(阪神)~ニシケンモノノフが直線抜け出す [News]
2015/03/08(日) 16:04
阪神10Rのポラリスステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は、3番人気ニシケンモノノフ(中谷雄太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5。2馬身半差の2着に2番人気エアウルフが、アタマ差の3着に11番人気エーシンビートロンがそれぞれ入線。

ニシケンモノノフは栗東・庄野靖志厩舎の4歳牡馬で、父メイショウボーラー、母グリーンヒルコマチ(母の父アフリート)。通算成績は17戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ニシケンモノノフ(中谷雄太騎手)
「今日は自信を持ってレースに臨みました。この馬はポジションにこだわることなく、レースができます。馬場もありますが、まだ時計は詰められそうですね。今日のレースで今後が楽しみになりました」

2着 エアウルフ(M.デムーロ騎手)
「この馬、スタートして芝の上はあまり走りませんね。それでポジションが後ろからになりましたが、最後は本当にいい脚を見せてくれました。もっと前半の芝がスムーズならよかったのですが......」

3着 エーシンビートロン(松山弘平騎手)
「2番手から自分のレースはできましたが、少しりきんで走るところがありました。もう少しうまく抜いて走れたらよかったのですが。でも、最後まで一生懸命がんばっています」

11着 マルカフリート(池添謙一騎手)
「道中はいい感じで、直線はもっと伸びるかと思ったのですが、ジリジリという感じになってしまいました。58キロということもあったかもしれません」