【スピカS】(中山)~モーリスが最後方から直線突き抜ける [News]
2015/03/07(土) 16:15
中山10Rのスピカステークス(4歳上1600万下、芝1800m)は1番人気モーリス(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2(稍重)。3/4馬身差2着に3番人気ダイワリベラル、さらに1馬身差で3着に5番人気サムソンズプライドが入った。

モーリスは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス(母の父カーネギー)。通算成績は9戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 モーリス(戸崎騎手)
「今日は馬に助けられました。ゲートの中でうるさくて、スタートも遅れてしまいましたし、スローペースでハミを噛んでいましたが、直線は抜群の伸びを見せてくれました」

2着 ダイワリベラル(三浦騎手)
「ゲートが速くて、ゆったりした流れを楽に追走出来ました。最後までしっかり走っていて、勝ちに等しい内容でした。勝ち馬を褒めるだけです」

3着 サムソンズプライド(田辺騎手)
「いい時からするといま一つでしょうか。並ばれても抵抗出来ませんでした。勝った馬は強かったですが...」

4着 ベストドリーム(柴田善騎手)
「いい感じになってきています。以前と比べるとしっかりしてきました。右回りも大丈夫です」

5着 ジャーエスペランサ(吉田豊騎手)
「速い脚がないので、先行出来たのは大きかったです。最後まで頑張っています」